本日はいよいよバイク受取手続きの開始日です。
ロマンさん頑張ってくれ!!早くバイクを受け取って、走り出したいんだよ~。
ロマンさんの話では、早ければ明日にはバイクを受け取れると言うが・・・。

9:00にロマンさんとホテルのロビーに待ち合わせ、手続きに出発。
バイクの受取には、フェリー会社のビル(荷受証みたいなもの)、
ロシアのバイク保険、滞在登録証(これはホテルで発行される)、
通関申告書の四つの書類が必要です。
すべては揃わないとバイクを受け取ることは出来ません。

通関申告書はあらかじめ用意している為、OK。
滞在登録証は明日には出来るとのこと。残り二つがあればバイクが受け取れます。

まずはバイクの保険。
街の中にある保険会社のオフィスに行き、ロマンさんの通訳の元で手続きを行う。
受付をしてくれるのはおばちゃんでした。ロシアに滞在するのは長くても8月末までですが、
余裕を持って9月中旬頃までの保険を掛けときました。
料金はしめて1,191ルーブルなり。(1ルーブル=2.65円位)

怪しい外国人が来ていきなり保険に入らせてくれと言われ、
はじめは厳しそうだった表情だった受付のおばちゃんも、
アフリカを目指してバイクで走るとことがわかると段々と優しそうな表情になってきました。
「何をやろうとしているか」を伝えることは大事ですね。
しかし、それでも一片の英単語も出ないところはさすがロシアと言うべきか?
さすがの超大国である。ロシアだけで一つの世界なのでしょう。

オフィスを出る際に、ロシア語で「幸運を!」と声をかけてくれたました。
こういうことがあると嬉しいですね。

次はフェリー会社の事務所へ。ここでビルをもらう予定。
今回使用したフェリー会社はDBSフェリーである。さて、仕事ぶりはどうだろうか?

…ダメでした。
どうやら明日の15時頃にならないとビルが発行できないらしい。
はぁ。予想はしていたがガッカリ。

これで本日の手続きは終了。書類がなければどう仕様も無い。
このせいでウラジオストクにもう1泊しなければならなくなった。
料金は高いし仕事は遅い。どうなってんだよDBSフェリー!
くそ~富山発のルーシー号が出ていればこんなことにはならなかったのに・・・。

ともかく、明日に望みをかけるしかありません。


写真はロマンさんとウラジオストク~モスクワ駅まで9288キロの記念碑です。
IMG_4184



時間が余ったので、日本から持ってくるのを忘れてしまった六角レンチを買いに行きました。
日本で言うところのホームセンターみたいなところがなかなか無かった為、
スポーツショップみたいなところでブツを発見し、購入。セットで450ルーブルなり。

また、トラベラーズチェックの両替をしようとしましたが、出来るところが全然見つかりません。
これは困った。どうやらロシアではトラベラーズチェックの使用は全然浸透しておらず、
使えるところも旅行者が多いモスクワやサンクトペテルブルグなど、限られた場所だけの様です。
ロシア国内では国際キャッシュカードを使うしか無さそうですね。
トラベラーズチェックの両替はモンゴルまでお預けになりそうです。


ロマンさんの車で町を走り回りつつ町を観察すると、
ウラジオストクの道路や建物は近代化されているようです。
建物の外観は古く少しボロくなっているところはありますが、店の中などはかなり小奇麗でした。
また、街の工事がいたるところでされていましたが、
これは今年9月に開かれるAPECに向け、道路の整備やホテルなどを急造しているところらしいです。

因みに、私の泊まっているホテルは景色が綺麗なところですが、まん前も工事中です(泣)。
ロマンさんによるとこれから5つ星ホテルが出来るらしいです。

写真は部屋からの眺めです。




それでは明日に期待!